Ayachi Claudel×Ygal

あやちクローデル×イーガル

クラシックから現代まで世界中に残る100年の詩と楽曲を、

低音から高音まで幅広くドラマティックに歌いあげる歌手

「あやちクローデル」と、

バークリー音楽院学位取得の確かな実力と

情熱的な表現力を持つ現代音楽作曲家でピアニストの

「武藤イーガル健城」が紡ぎ出す、

豪華で繊細、力強くも儚い音絵巻。 

東京を拠点に、プロデュース公演、フランス・イタリア・ドイツなど国内外でのコンサート、

音楽フェスティバル、教育機関での芸術鑑賞会公演、パーティー、ディナーショー、

有名仏閣での野外コンサートなど、舞台や劇場だけに留まらず、

音楽ジャンルや国境・国籍・年齢の垣根を越えた様々な場所・空間を巡演。

20世紀の作曲家Kurt Weill(クルト・ヴァイル)や、Astor Piazzolla(アストール・ピアソラ)など、

第二次世界大戦前後のヨーロッパの音楽、

国内外の戯曲や音楽劇など演劇作品の中の楽曲、

日本を代表する作曲家である武満徹作品や林光作品、

昨今は寺山修司、吉原幸子、竹内浩三、立原道造、村野四郎、高村光太郎など

日本の近代詩人作品にイーガルが作曲した現代音楽作品をメインに、

イーガル作詞作曲による文学的かつ情景を呼び起こさせるポップス作品、

そしてフランス・ドイツ・イタリアなどの外国曲には、

『杉田ヌクモーラ』による原風景と言語の響きと韻を重んじた美しい日本語による新訳で表現している。

 

あやちクローデルの力強くドラマティックな風貌と低音から高音まで様々な声を使い分けた演劇的な歌と、イーガルの情熱的かつ優雅でピアニスティックな演奏によって創りだされる空間は、

歌を超えた舞台芸術として根強いファンを持っている。

※ページ内下部に演目(近代詩、新訳)リスト表記あり

by DEM

武藤イーガル健城 作曲 近代詩作品

 

立原道造

「のちのおもひに」

「雨の言葉」

「子守唄」

(『萱草に寄す』より)

高村光太郎

「レモン哀歌」

(『智恵子抄』より)

村野四郎

「秋の日」

エーリッヒ・ケストナー

「あるシャンソン歌手の予告」

 (『人生処方詩集』より/小松太郎 訳)

 吉原幸子 

連作歌曲(詩集『夏の墓』より

「呪」

「街」

「瞬間」

「ふと」

「雨が海に」

「かくれんぼ」

「ほたる」

(詩集『樹たち・猫たち・こどもたち』より)

「繭」

「声」

「祈り」

「明日」

(詩集『魚たち・犬たち・少女たち』より)

「むいみなルフラン」

​(詩集『夢 あるひは・・・』より)

​来歴

寺山修司

「曲馬団エレジー」

「よってたかってはないちもんめ」

「台本」

「一寸法師砂絵抄」

「灰娘」

「雨傘」

「​さんご」

かなしみ」

「贈物」

(​『寺山修司少女詩集』より)

竹内浩三
 

「望郷」

「うたうたいが・・・」

(「愚の旗」より)

「夕焼け」

「しかられて」

「わかれ」

(『竹内浩三詩文集』より)

​杉田ヌクモーラ 新訳作品

アコーディオン弾き

【L'accordéoniste】

Michel Emer

アムステルダム

【Amsterdam】

Jacques Brel

黒い鷲

【L'aigle noir】

Barbara

セプテンバー・ソング

【September Song】

Kurt Weill

涙より甘く

【Testarda Io】

Roberto Carlos

 

ユーカリ

【Youkali】

Kuet Weill

リリー・マルレーン

【Lili Marleen/Lili Marlene】

Norbert Schultze 

  

​Lost Birds

【Los pájaros perdidos】

Astor Piazzolla

マイ・ウェイ

【My Way】

Claude François

 

Save The Last Dance For Me

【ラストダンスは私に】

The Drifters 

Mourir sur scène

【舞台の上で死ね】

​DALIDA

© 2018 Ayachi Claudel All Rights reserved.