​AYACHYGAL

大道シャンソンショウ 

​アヤチーガル

唄とピアノのゴージャスな生演奏による、
ご家族皆さんで楽しめるドラマチックでコミカルなシャンソンショウ!
舞台装飾と衣装も作り上げる歌手あやちクローデルと、
バークリー音楽大学学位取得の現代音楽作曲家でピアニストのイーガルとによる、
愛と笑いの人生讃歌。

​唄う空間造形屋あやちクローデルと現代音楽作曲家イーガル
個々にもクラシック・映画・演劇等様々な分野で活躍し、
ユニットとして大道芸、ヨーロッパでの海外公演等、音楽ジャンルや国境を越えた活動も行っている。
けれん味のあるドラマティックな歌声と風貌、
情熱的でピアニスティックな演奏によって創りだされる本格的なシャンソンショウは、
大道芸から劇場まで、多くの観客の熱狂と拍手に包まれている。

AYACHYGAL was formed with “Ayachi Claudel” the spatial represented singer
and “Ygal” the contemporary music composer/pianist. 
They appear as a solo musician/actor/actress on classical music concerts, movies, plays and so on., 
Also as the group, they perform at many festivals in domestic and on abroad. 
The singer’s powerful/dramatic voice and looks and the pianist’s virtuoso/emotional play conduct audience into ripple of excitement in chief.

AYACHYGAL
​『Noir』
​愛と笑いの大道シャンソンショウ!

【Repertories/主な演目】

愛の讃歌(Hymne à l'amour)

街角で(Original Song)

オー・シャンゼリゼ(Les Champs-Élysées)

愛の幕切れ(La Rupture)

ミロール(Milord)

My Way

リリー・マルレーン(Lili Marleen)

My Favorite Things

スーパーカリフラジリスティックエクスペアリドーシャス(Supercalifragilisticexpialidocious)

雪が降る(Tombe la neige)

ラストダンスは私に(Save the last dance for me)

舞台の上で死ね(歌いつづけて)Mourir sur scène

I've never been to me

Desperado

​Balada Para un Loco

ほか多数

ご依頼内容に応じて演奏させていただきます。

↓お気軽にお問い合わせください↓

野外はもちろん、国内外、屋内

(劇場、ホテルショー、企業パーティー、ウェディング、商業施設、教育施設、療養施設、

プライベートパーティーなど)

前もってのご依頼であればリクエスト演奏にも対応させていただきます。

畳3畳程度のスペースから、ホールまで上演可能です。

※現場により、​音響機材の持ち込みも可能です。(簡易ヴォーカルアンプ、88鍵キーボード等)

【主な出演歴】

​大道芸ワールドカップin静岡 2018

大道芸ワールドカップin静岡 2019

ふくやま大道芸 2019(広島)

るたんフェスティバル2018(東京 新橋 ヤクルトホール)

るたんフェスティバル 2019(東京 渋谷 さくらホール)

さいたま新都心大道芸フェスティバル 2020

​モリコロパーク大道芸フェスティバル 2020(愛知)

高知大道芸フェスティバル 2020

​蛙たちの革命記念日 2021(東京 内幸町ホール) 

野毛大道芸 2021(横浜 にぎわい座)

Festival International de Théâtre de Rue d’Aurillac 2013(France)

ФУЗИОН FESTIVAL/FUSION FESTIVAL 2013(Germany)

AYACHYGAL
『gris』
​シャンソン卒塔婆小町、AYACHYGALの人生讃歌

【gris】

 

オルガ

女歌手は二十歳

All by myself

I've never been to me

​ロコとロカのバラード

うたとお芝居/あやちクローデル

​ピアノ/イーガル